Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

世界バレー2018ドミニカ代表2番フェルナンデスが可愛い!お尻画像まとめ

2018年10月7日、2次ラウンドの対戦相手「ドミニカ共和国」

 

ご覧のようにドイツ戦では相当苦しめられましたが、

今回も苦しめられそうです。

 

ドイツよりも格下とはいえ、また違った持ち味を持った相手。

 

 

油断してはいけません。

スポンサードリンク

ドミニカ共和国代表 Winifer Fernández 選手

フルネーム:ウィニフェル・マリア・フェルナンデス・ペレス

生年月日:1991年1月6日

出身:サンティアゴ

身長:169cm

体重:62kg

ポジション:リベロ

 

ウィニフェル・フェルナンデスは10歳の時からバレーボールを始めました。

 

15歳から才能を発揮し始めます。

 

多くの大会で最優秀選手賞やベストリベロ賞を獲得、

 

その実力は折り紙付きです。

 

世界的に有名になったのが2015年、意図しないセクシーショットによってファンが急増。

 

インスタグラムツイッターアカウントが蔓延してしまいます。

 

彼女はこれによって得た名声には「扱いにくかった」と話しています。

 

彼女はバレーボールをしている時は真剣そのもの。

 

試合を性的に消費されたくない想いが強かったそうです。

 

 

自身の武器は「お腹」と「お尻」

プライベートでは自身のセックスシンボルの強みは理解していて、

 

鍛え抜かれた体を見せてくれています。

 

アスリートとして完璧な体型

 

お尻もチャームポイントの一つ

 

メチャクチャふつくしいです。

 

さらに開放的な写真をいくつも共有してくれています

 

 

 

 

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

 

日本は気を抜いたスパイクを打っても彼女が全て止めるでしょう。

 

そして彼女が切望するように、試合は真剣な目で見ましょうね。

 

では、

 

ドミニカ共和国でお会いしましょう。

スポンサードリンク

あわせて読みたい