Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

岩崎恭子のスタイル維持の秘訣を画像で探ってみた。不倫変装時も評判に

元オリンピックメダリストの岩崎恭子さんが不倫報道について謝罪し、

 

逆に潔いといった声や

離婚協定中だったことから

そこまでバッシングを受けてはいないようです。

 

元オリンピック選手といえども、もう20年以上経っていますが

そのスタイルは健在のようですので秘訣を探ってみました。

スポンサードリンク

岩崎恭子

 

生年月日:1978年7月21日

出身:静岡県沼津市

メイン競法:平泳ぎ

 

 

5歳で水泳を始めるとすぐに頭角を現し、12歳で日本選手権出場を果たす。

1992年には14歳でバルセロナ五輪に出場し、競泳史上最年少で金メダルを獲得した。

 

「今まで生きてきた中で一番幸せです」

金メダルを決めたレースの直後に語られたこの言葉は、その年の流行語にもなった。

その後、1996年にはアトランタ五輪に出場。

200m平泳ぎで10位の成績を残す。

 

1998年の引退後は、アメリカへ留学し、児童への水泳指導法を学んだ。

現在は、水泳の指導や普及活動に加え、メディア、トークショー、執筆なども積極的に行っている

。特にオリンピック(シドニー、アテネ、北京、ロンドン)では、元選手の視点から詳細な情報を発信するなどして活躍した。

2011年には第一子を出産し、母親としても奮闘している。

 

 

現在は静岡放送の『みなスポ!』や講演会を中心として活動しています。

 

 

スポンサードリンク

岩崎恭子のスタイルの良さが分かる画像/動画

 

現役引退直後

具体的な時期はわかりませんが、

指導法がしっかりしていることから20歳以降になると思います。

 

現役引退からそこまで日が経っていないので筋肉質な体が残っているように見えます。

 

 

2004年に写真集を販売

 

この時はまだ26歳。

 

体型を維持していないと写真集を出すことは出来ませんよね。(笑)

 

 

現在のスタイル

これは2014年頃の指導の様子。

 

こちらは2017年の指導の時の様子。

 

水泳の指導によって体を露出しないといけないことで

スタイルが維持されるのでしょうか。

 

しかし、2017年のインスタグラムの投稿で2年間ジムに行っていないことがわかりました。

 

 

スタイル維持まとめ

今もジムに通い続けているかわかりませんが、

見る限りそんなにたるんでいたりしているわけではないことがわかります。

 

これも幼い頃からスポーツに親しんできたことで体がそうなっているのでしょうか。

 

 

思い返してみると、元スポーツ選手で引退後にめちゃめちゃ太った人って思い当たらないですよね。

 

 

それか、異性に体を見せる機会があることで

スタイルを維持しようと努力するのかもしれません・・・

 

 

・幼い頃からスポーツに慣れ親しんでいたから

・異性に体を見せる機会があるから

がスタイル維持の秘訣になりそうです。!

 

 

最後に

もう手遅れかも!という方はまだ諦めてはいけません。

 

「諦めたら、そこで試合終了ですよ」

スポンサードリンク

あわせて読みたい