Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ボーク重子、スカイボークの明解プロフィール。オススメ本や講演会は?

日本のテレビ番組に出演しているボーク重子さん。

 

全米コンテストで最優秀賞を受賞した娘のスカイボークさんが話題となり、

その子育てにも関心が集まっています。

 

 

一体独自の子育て論を自身の経験から導き出した方はどんな方なんでしょうか。

 

母のボーク重子さんと娘のスカイボークさんを簡潔に紹介しています。

スポンサードリンク

ボーク重子 プロフィール

 

公式HP【外部リンク】

 

こちらは日本やアジアの人々の為のアメリカ生活の指針となるページです。

 

公式ツイッターインスタグラム

 

名前:ボーク 重子

生年月日:1965年

出身:福島県伊達郡川俣町

 

『About Shigeko』

30歳の誕生日一週間前に「私の一番したいことをしよう」と渡英。

ロンドンにある美術系の大学院サザビーズ・インスティテュート・オブ・アートに入学。

留学中にフランス語の勉強に訪れた南仏の語学学校で後に夫となるアメリカ人と出会い1998年に渡米。

 

1998年     Sotheby’s Institute of Art にてPostwar and Contemporary Art の修士号を取得
2000年     アジア現代アート専門のアートディーラー業を立ち上げる
2004年     念願のアジア現代アートギャラリー、Shigeko Bork muproject (www.muproject.com) をオープン
2006年     オバマ大統領(当時上院議員) と共に社会貢献度をもって「25Beautiful People in Washington DC」に選ばれる
2009年     ギャラリー業務に加えアートコンサルティング業を開始
2010年     Asian Women Artists Forum を主催
現在ワシントンDC在住。
アジア現代美術に関する講演は世界銀行やアジアソサエティーなどを含む
クライアントには前米副大統領夫人や世界的アートコレクター、ジャン・ピゴッジ氏などを含む
非営利美術団体Transformer (www.transformergallery.org) 理事
非営利団体Kidz2gether (www.kidz2gether.org) 理事

 

 

30歳以前の経歴

母は英語塾を経営、父は専業主夫のような家庭で育ちました。

 

家庭はとても勉強に厳しく、家の壁に百人一首や勉強に関することが

貼ってあったそうです。

 

そして常に周りと比べられ、従姉や弟と比較され続けられていたそうです。

 

それでも母に認められたいという思いで中学2年まではトップの学力を保っていましたが、

途中で「何のために勉強するのか」わからなくなります。

 

点数が下がるとどうなるのかという不安。

母の為に勉強しているのか?

自分は何のために生きているのか・・・

 

自我の成長により、自分の存在意義に迷いが出てきたんですね。

 

 

なんとか高校入学後も勉強に精を出せずにいて、

音楽に興味が沸いてバンド活動等をしますが、母からは認めてもらえなかったと言います。

 

それでも母の言いつけ通り大学に通います

 

大学に行く理由も自分で説明できなかったそうです。

 

 

大学卒業後は外資系企業で働き、当時お付き合いしていたアメリカ人男性から

おそらくこの後プロポーズされるであろう前に質問されます

 

「君は結婚した後どういう風に生きていくつもりで考えているの?」

と聞かれ、

「どういう風に生きるって?」

「子どもを産んで、あなたと付き添って生きたいと思います」

と答えました。

 

すると男性はなんと「僕はそれだけの人とは一緒にいられない」と

重子さんをフリます。

 

アメリカ人からしてみると中身が無いと捉えられてもおかしくありません。

 

 

これが人生の転機でした。

 

 

30歳以降

私たちの知るボーク重子さんを形作るのは30歳からです。

 

「私はそれだけじゃない!」という反骨精神から

ロンドンに美術を学びに大学へ行き、アートを勉強。

 

大学でフランス語留学中に現在の夫と出会い、娘のスカイ・ボークさんが生れます。

 

30代から始めた現代アート業の成功により、

自身の意欲が成功の秘訣だと学びました。

 

成功の裏には人種差別やアート業の過酷さ、

人脈の必要性など様々な壁がありましたが乗り越えてきました。

 

 

実業家での成功と共に、お子さんのスカイ・ボークさんが

「Distinguished Young Women(著名な若い女性)」のコンクールで優勝します。

 

重子さんは自分の子どもの頃の嫌な体験をさせたくない一心で

自分の性格や子どもに対する態度を改めたと言います。

 

 

現在ではそれらの経験を活かしてライフコーチアートコンサルタント

作家として本を出すなど活動しています。

 

 

オススメ本

「非認知能力」とは、IQで測れない力のことです。

 

具体的には「他人との協調性」や「自己実現のための推進力」、「理性コントロール力」などです。

 

こうした測れない力が今後の世界で必要とされると注目され、

それをどう育むかという点について書かれています。

 

 

講演会

講演会のチェックは公式HPです。

 

2018年10月20日に大阪、21日に名古屋で公演会があったようです。

 

2分のみYouTubeで公開されています。

 

子育て論

スポンサードリンク

スカイ・ボーク プロフィール

 

名前:skye kana bork

生年月日:不明(2018年時点で18歳)

出身:ワシントンDC

大学:コロンビア大学 経済学および数学専攻

 

 

 

好きな食べ物:バジルペーストとスパニッシュマリナラソース

好きな言葉:“Never, never, never give up”-Winston Churchill(元英首相)

好きな季節:冬(スキーしたいから)

性格:人と会うのは好きで話すのが好きですが、イヤホンをかけて好きな音楽を聴きながら散歩するのも好きです。

犬派?猫派?:犬!

朝型か夜型か:夜。朝10時までシャットダウンしています・・・

好きな色:ネオン(蛍光色)。どんなページでも輝くし、同じように毎日を明るくしたいから

自分を3つの言葉で表すと:Determined, Passionate, Curious(決定的、情熱的、好奇心)

将来どんな人になりたいか:社会を改善させる人。女性の躍進や教育はとても関心があります。

 

 

スカイボークさんはDistinguished Young Womenの全米コンテストにて優勝しています。

 

Distinguished Young Womenとは

Wikipedia

 

アメリカの非営利団体で1958年創業以来全国の70万人の女性が参加しています。

 

  • インタビュー 25%
  • 学力 25%
  • 才能 20%
  • フィットネス 15%
  • 自己表現 15%

の項目で競います。

 

フィットネスカテゴリーで披露したものがコチラ

 

それぞれのカテゴリーで優秀な成績を収め、優勝します。

 

獲得奨学金は30,000ドル(日本円で300万円以上)

 

 

この大会で得たものは奨学金でしたが、同時に多くの物を学んだと言います。

 

その舞台裏はとても緊張感があると同時に、ファイナリスト全員がお互いを

励まし合いサポートする関係だったそうです。

 

受賞前の前室ではお互いに腕を組み合い、

特別な2週間をお互いに感謝しながら涙したと語っています。

その瞬間、競争は無くなりました。

 

こうした女性同士のコミュニティの力の大きさを感じることが出来、

この力を社会に役立てるのではないかと今後の活動に役立てようとしています。

Please follow and like us:
スポンサードリンク

あわせて読みたい