Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

3Dプリンターの家を日本の住宅会社が扱わない理由

今では3Dプリンターで家まで建てることが出来る時代です。

でも、日本で3Dプリンターで建てた家は見た時ありませんよね。

 

業界人の目線から掘り下げて解説してみようと思います。

スポンサードリンク

3Dプリンターを扱わない理由

 

 

建築基準法をクリアできない

一番の理由が建築基準法をクリアできないから

だと言われています。

 

前提として日本は地震大国です。

 

外国では3Dプリンター住宅を役立てようとしていますが、

現時点での日本では耐震基準がクリア出来なくて採用できていないのが現状です。

 

 

現状で一番耐震性のある3Dプリンター住宅

もし3Dプリンターで住宅を造るとなれば

材質はコンクリートが適切で、

海外でも取り入れられつつあります。

 

理由は液状から固体にした時の創造性強度が強く、

単体で対候性(対自然環境)を保てるからです。

 

現にロシアではコンクリートを使用した3Dプリンターによって試験的に住宅が建てられています。

<2:44から制作の様子>

ご覧のように、壁内は空洞。

 

コンクリートを使用して建造物を作った場合、

日本では必ず0.2%以上の鉄筋が必要です。

 

これでは日本で建築基準法を満たせるはずがありません

 

 

建造物ではありませんが、

現時点で日本企業で3Dプリンターを使用しているのは

「大林組」とよばれるゼネコン企業前例がありました。

ただ、マシンを見て頂ければわかりますが規模は小さく、

この制作作品は庭園に使われただけです。

 

 

建築基準法をクリアするには

日本で3Dプリンター住宅を作る場合の問題は、

構造体がキモです。

 

「単に倒れない壁をつくりましたー」では意味がなく、

耐震性を持たせなければいけません。

 

 

日本のコンクリート造住宅の壁内は

必ず鉄筋も入っていて空洞になりません

 

鉄筋引っ張られる力に対して強いですが、対候性優れず

 

コンクリートは強度と対候性には優れていますが、引っ張られる力には弱いため壁面の伸縮に耐えられません。

 

それぞれの悪いところと、良いところで補っているのがRC構造

という建築構造種類であり、地震にも強いのです。

 

 

日本で普及するには

「全方向の揺れに対抗できるコンクリート壁のみの配置構造」

「複数種類の素材が使われた壁による耐震構造」

が開発されれば可能性はありそうです。

 

 

スポンサードリンク

保守的な人種という理由

 

エンドユーザー

どれだけ日本で耐震性を確保したと言っても、

売れるとは限りません

 

現状、木の柱や梁を使った在来工法が最も多いです。

 

工場で壁を作って現場で組み立てるだけというパネル工法住宅も出てきましたが、

いくら耐震基準を満たしていると言っても、未だに住民や業界周りの人間は懐疑的です。

 

 

さらに追い打ちをかけるように名前に「プリンター」と入っています。

これから大切に住むお家をプリンターで作るのはちょっと、、、

と考える方が少なくないでしょう。

 

 

保守的な住宅会社

エンドユーザーの影響も考えられますが、

会社にも同じことが言えます。

 

3Dプリンター住宅を建てた後震災が起き、

考えられなかった不備による倒壊で

補償をしなければいけないのは住宅会社です。

 

そして、一般的に世に知られている住宅会社には

必ず下請けの職人が居ます。

 

3Dプリンター住宅が普及する段階で、

大工や板金、廃棄物処理業者などの仕事は激減するでしょう。

 

各々の職人に仕事が回せなくなり、

関係が悪化することを嫌いますので導入も慎重になるはずです。

 

 

日本でも3Dプリンター住宅を普及させるには

木造在来工法のお家よりも耐震性が高いという数値

実際の震災でも倒れなかったという実績が必要でしょう。

二つが揃えば爆発的に普及すると思います。

 

あまり考えたくありませんが、未曾有の大災害によって

住宅が足りなくなった時に背に腹は代えられぬ思いで普及することも考えられます。

 

 

3Dプリンター住宅日本上陸は遠い

震災国であることと、

保守的な民族だということがネックになっています。

 

3Dプリンター住宅はまだまだ先になりそうですね。

 

現状、日本での普及は望み薄といったところです。

スポンサードリンク

あわせて読みたい