Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

壁クロスの黒ずみ、カビが取れない!意外と知らない根本的な原因とは?

クロスの黒ずみ・汚れを、何度掃除しても出てきて困っている方

結構居られるのではないかと思います。

 

あのしつこさには脱帽するぐらいですよね。

 

 

なんで黒ずみが発生してしまうのか、

実は根本的な原因があって、いくら掃除しても取れないことがあります。

 

ご自身の家の状況に当てはめてみて参考にしてみてください。

スポンサードリンク

根本的な原因

 

空気が滞留している

し入れや区切られた空間で黒ずみが発生する場合、

大体空気が動かずにカビが繁殖しやすい環境になっている可能性が高いです。

 

リビング

室内は換気しているけど、押し入れは換気できていない

 

換気をする時できるだけ普段開けることのない場所も開け、

空気を動かしたほうが良いでしょう。

 

 

湿気を逃がしていない

衣場等の水回りに黒ずみが発生する場合、

湿気をそのままにして過ごしていることが考えられます。

 

もしくは湿気を中に呼び込んでいる場合もあるでしょう。

 

 

湿気が発生しやすい部屋は、

必ずピーク時は換気扇を回しましょう。

 

換気扇が無いときはなるべく風を起こすようにして

締め切るのはやめておきましょう。

 

 

窓を開けるのも良いですが、

梅雨時期等、外のほうが湿度が高い場合があります。

 

そういった場合は窓を開けないでください。

 

 

外に漂っている胞子なども部屋の中に入れてしまうことになります。

気を付けましょう。

 

 

部屋が風呂場の上にある

2階の部屋に黒ずみが見られた場合、

1階からの湿気が壁の中を伝い、

窓枠や壁内の断熱材等に当たって表面に出てきている可能性があります。

 

この場合はお風呂のどこかからか湿気が漏れていないか確認しましょう。

 

天井か、窓、目地、換気扇ダクトが注意するところです。

 

目地などはシーリング等を使いご自分で応急処置できますが、

ダクトや物の変形については専門家に見てもらったほうが良いです。

 

 

部屋がリビングの上にある

壁内構造

湿気がどう壁内を伝わるか

呂場に限らず1階の湿気が2階に上がってくることがよくあります。

 

壁内は空気の流れが非常に少ないので、

カビの温床になります。

 

 

出始めの高気密高断熱住宅によくみられる症状で、

壁中の湿気対策が十分でない可能性が高いです。

 

対策は壁内の空気を循環させることですが、

なかなかできることではありません。

 

 

対策とすると1階の湿気を壁内まで行かせないことです。

 

調湿剤になるようなインテリアを置いたり、

エコカラットという調湿効果のあるタイルを壁に貼ってみたりすると

オシャレに解決できるかもしれません。

 

 

結露している

の結露をみなさん気にされておられると思いますが、

それだけではありません。

 

先ほどと同じで高気密高断熱住宅で見られる症状の一つでもあります。

 

どこが結露するかというと、こちらも壁内です。

 

特に部屋の中の外壁面で結露が起きています。

 

結露というのは温度差と湿度の関係によって発生しますよね

高気密高断熱住宅の場合は外と中の温度差が大きくなりがちです。

 

そういった場合、壁内の結露対策が十分でない場合に

壁に黒ずみとして出てきやすいです。

 

 

雨漏れしている

付かないうちに小さな穴から壁の中に雨が入ってきている

なんてこともあります。

 

こちらは上のすべての項目に当てはまらない方は注意していただきたいです。

 

そういえば・・・、と思い当たるふしがあればなおさらです。

 

場所が特定できた場合は応急処置を行い、

専門家に本当にそこが原因なのかチェックしてもらいましょう。

 

 

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?生活の工夫で解決できるものと、

どうしようもできないものもあります。

 

どうしても分からない場合は一度専門家に見てもらいましょう。

 

※豆知識

クロスという商品は元々汚れた場合に簡単に張り替えして新しくできますよというもので、実は長年使い続けるものでもありません。汚れてしまった場合、張り替えてしまったほうが気分も晴れてスッキリして良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

あわせて読みたい