Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

30代の男部屋、おしゃれインテリアテクニック。最先端海外編

30代になるとお金の余裕も出来、部屋にこだわりを持てるようになります。

こだわりはあなたが成長している証でもあり、自分を表現したいという欲求の一部でもあるんです。

インテリアはあなたを存分に表現してくれます。

 

今回は一歩、差をつけるインテリアのテクニックを伝授していこうと思います。

 

スポンサードリンク

大きめの植物を置く

大きめの植物を置くことによって部屋全体に落ち着きを与えてくれます。

植物はあなたのストレスも軽減してくれる良い相棒にもなるでしょう。

 

もちろん、相棒の世話はしっかりしてあげましょう。

世話をした以上の見返りがあるはずです。

 

+αポイント

すぐそばに光源を置いてあげると、夜は違う顔を見せてくれます。

光源の大小によって植物に当たる光が違うので、より楽しめると思います。

 

スポンサードリンク

床を変える

部屋にどれだけカッコイイものを置いても浮いてしまう原因になります。

そのためには床の色調を変えましょう。

 

今では一部屋20万掛けてフローリングを張り替えなくても、簡単に床調を変えることができます。

賃貸だとそもそも張り替えはできませんからね。

こちらだと、張り替えもせずに置くだけです。

チェック!☞【楽天】フロアタイルを見てみる

 

デザイナーズチェアを置く

画像の椅子はタオル掛けにも使えます。

実用性を重視して、座り心地の良い椅子を選んでも全然良いです。

 

ポイントは一人掛けで、集中できる環境になっているかです。

「本を読む」「勉強できる」「構想を練る」何でも良いです。

自分のインスピレーションを発揮できる空間があると、それだけで生活が全然変わるでしょう。

 

そのためには自分の身の回りの物の価値を上げることが必要です。

人間は少し背伸びした物があると、見合うように行動する生き物です。

 

逆にそんなレベルは御免だというのならば、買う必要はありません。

 

大きい絵を飾る

大きい絵というのは、その部屋のコンセプトの決め手になります。

そして、部屋で過ごすムードも決まります。

例えば上の画像は絵があることによってノスタルジックなムードが増しています。

 

こちらは北欧のシンプルスタイルの部屋に絵があることで

シャープで遊び心がある雰囲気が部屋にプラスされています。

 

こちらはおそらく違う用途で飾られていると思います。

元が白い壁で視線を飽きさせないように工夫されています。

上級者向けの使い方ですね。

 

チェック!☞【楽天】アート+ポスター

ウォールステッカーなどはもってのほかなので辞めておきましょう。

「アート」「ポスター」で良いのがないな~と思ったら「現代」「絵画」なども組み合わせて調べてみてください。

 

机を置かない

部屋に机は必要だという概念を捨ててベンチソファーを代わりに置きます。

あの背もたれがないソファのことです。

 

お食事は別のところで摂っていただく必要が出てきますが、

ワンランク上のテクニックで部屋を広く使えます

 

+αポイント

ちなみにお食事は画像のようにサイドテーブルを使うと、

よりオシャンティーに決まります。オススメです。

 

30代インテリアテクニックまとめ

いかがでしたか。

今回はカーテンや照明等には触れませんでしたが、テーマを決めて部屋をコーディネートすると自ずと決まりますので除外しました。

基本的には配色さえしっかり抑えていれば変にはならないと思います。

それに+αテクニックを加えるとより一層レベルが上がるはずです。

 

とはいっても、部屋を決定づけるのはそこに住む人です。

自分はどう生活したいかによって決まるといっても過言ではないので、

理想の生活を追い求めることが個性的な部屋を生み出してくれます。

 

是非そのことを念頭に置いて、コーディネートを楽しみましょう^^

スポンサードリンク

あわせて読みたい