Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

奈良国道24号線の複数バイク事故の車種を特定。事故場所を検証

午前2時22分ごろ、奈良市の国道24号バイク1台と原付きバイク2台が転倒して8人が病院に搬送され、このうち6人が死亡、2人が重傷だということです。消防によりますと、搬送されたのは10代後半から20代前半の男女だということです。

(ANNニュース)

 

!?

3台に8人!?

 

こんな感じに乗っていたんでしょうか。。。

 

冗談はさておき、、、

 

死亡が男17歳~・6人

ケガが女14歳・17歳

とのこと。

 

ニュースで出ていたバイクが判明し

徐々に事件の全容が分かってきました。

 

まずは車種の解説から!

スポンサードリンク

事故が起きたバイク車種

ミニバイク2台通常(?)バイク1台

追突及び接触事故のようです。

 

通常(?)バイク

こちらが通常バイクの画像。

後輪ですね。

 

前方がもげています。

 

拡大

 

シルバーの外装とフォルムが特徴的です。

 

配色などを参考に探してみると。。。

 

©グーバイク

ホンダ・CBR1000RRに間違いありません。(多分)

「センダボ」と呼ばれています。

 

前輪付近の画像があればもっとわかりやすいのですが、

これで多分合っていると思います。

 

通常バイクと言いましたが、分類は大型になります。

 

このバイク、クッソ速いです。

CBR1000RRはちょっと本気を出せば200km/h出ます。

 

出典:https://www.motorcyclenews.com/

ホンダの最速レーシングマシンと言っても過言ではありません。

 

 

速いのも最大の特徴ですが、

圧倒的に乗りやすいことが人気の理由です。

 

しかし、身元不明の2名は大型二輪免許を持っていなかったそうですね

大型が暴れたときの制御は免許を持っていても大変なんです。

免許を持っていないのならなおさら。

 

 

車体がいくら大型と言っても、本体は軽量化のためにアルミを使っているので

今回のようにもげてしまうことは十分に考えられます。

 

 

2人乗りです。

 

3人で乗る人を見た時がありません。

 

ミニバイクA

こちら白?銀?色のスクーターです。

 

前方タイヤ周りのフレームが特徴的です。

 

 

こちらは、、、

 

出典:http://www.ys-kuromatu.com/?p=10226

ヤマハ・JOG CV50

2001年~2008年に販売されていました。

 

排ガス規制により2ストロークエンジンから4ストロークエンジンへの切り替え前に発売されていました。

ヤマハ最後の2ストロークエンジンを搭載したバイクだと言っても良いと思います。

 

4ストロークに比べ、2ストロークは燃費が悪く、排ガスも多く出ます。

しかし、パワーが驚異的に違うんです。

 

そのことが未だに人気車種である要因です。

 

こちらも二人乗りのはずですが、、、

頑張れば3人無理やり乗れます。

やったらダメなやつです。

 

3人で乗る人を見た時ありま、、、す。

 

ミニバイクB

こちらはグレー色系のスクーターですね。

 

前輪周りで判断するしかありませんが、

出典:http://www.ys-kuromatu.com/?p=10226

おそらく先ほどと同じJOG50系統の車種だと思います。

 

並走するためにおそらく2ストロークのものを選んでいると思われます。

スポンサードリンク

事故現場検証

ヘリコプターからの映像で、倉庫の屋根が特徴的でしたね。

 

GoogleMapでこちらの屋根を探すと、この高架です。

クリックで拡大

GoogleMapで見る

 

 

防犯カメラ映像でも確認してみましょう。

「STOP」の表示と、車の駐車が特徴的です。

 

道沿いに沿って下にスクロールすると簡単に見つかります。

夜間でも車があることから、駐車場かなと思いましたが

どうやら車屋さんの防犯カメラだったようですね。

 

この防犯カメラの位置から事故現場までは

大体500m。

 

ミニバイク組はおそらく知り合い同時なのではないでしょうか。

 

それぞれに女1名・男2名で一緒に乗り、

一番後ろ?か真ん中?にいた女性それぞれ1名ずつが助かったのかも、、、

 

それか、「男3」と「男1・女2」に分かれていて

盛大に事故った方が「男3」だった可能性。

 

なので、事故後の身元不明者2名は大型バイクに乗っていた2人だと推測します。

 

この時「バイクの信号無視」は多分まだミニバイク2台。

 

大型バイクは車の後ろにいることから、

信号が青になってからミニバイクに詰めたのではないでしょうか。

 

CBR1000RRなら一瞬で詰めれることでしょう。

 

 

事故に至るまで

状況が整理できたところで、どうして事故が起きたか考察してみます。

 

ミニバイク2台組は年齢も若く、信号無視もしていることから

免許を取りたてか、無免許での運転の可能性がありますね。

 

そしてバイク同士。

今では死語であるシグナルGPという

オッサンならわかる状態になるときがあります。

 

単純に信号のでスタートしてどっちが速いか競うだけのことなのですが、

バイク乗り同士ではお互いの速さを競って勝ち負けをつけたがることが、、、

たまーによく稀に頻繁にあります。

 

そういった勝ち負けの心理状況の上で

ミニバイクの若い衆は大型バイクに

・信号待ち中に挑発

・交差点までの間に大型バイクの前で邪魔

をして、なんらかのコンタクトを取ったとすると

 

大型バイクは

・なんでもいいから前に行って関わりたくない

・イキり散らしているのを速さで黙らせたい

と、どちらにせよぶっ飛ばす思考になる可能性があります。

 

大型バイクは車に対してこれだけの距離で

車間距離を大幅に詰めているので

速度を上げているのは確実です。

 

「信号待ちしていたトラックの横を通って複数のバイクが信号無視していった」

という読売新聞の記事によると、

杏町交差点で全バイクが信号無視していることが分かります。

 

画像下(読売新聞の取材に基づく)

記者は案外適当です。(笑)

”追い抜かれる”を主観で判断しがちなので、

全バイクが左車線で追い抜いて行ったとは考えないようにします。

 

杏町交差点は防犯カメラがあった車屋さんの先です。

 

そこで、考察が何パターンかに分かれます。

 

考察①

速度が乗った大型バイクはミニバイクを追い抜こうとしますが、

蛇行運転か道の真ん中を走り邪魔をし、

避け切れなかった大型バイクが衝突

 

考察②

出典:https://www.youtube.com/watch?v=i0OTxQYnVA0

大型バイクがウィリー(二人乗りでも若い男性二人ならやる可能性アリ)

でミニバイク集団に挑発するも前方にミニバイクが迫り、

前輪が着地する前にハンドルを切ってしまって

制御できずに衝突。

 

考察③

ミニバイク同士が蛇行運転により衝突

転倒したところに大型バイクが突っ込んで巻き込まれた。

 

考察④

「身元不明者2名」の存在により、

JOG50とCBR1000RRの知り合い説を排除していました

 

元々知り合いで、無茶な運転をしようとしていた可能性もあります。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

大体合っていると思いますが、

 

このような事故で若者が命を絶ってしまうのは

とても残念です。

 

今回亡くなられた方のご遺族には

ご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサードリンク

あわせて読みたい