Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

金足農業が完全に漫画。主人公属性が高すぎる吉田のイケメンエピソード集

8月20日。準決勝の対日大三を2-1で破りなんと103年ぶりに決勝へ進出した金足農業。

 

その金足農業だが、調べてみると

・全員3年生。

・チーム全員秋田県民の公立校

・投手が一人で投げ続けている。

と、主人公感満載。

 

その中でも投手の吉田君は群を抜いて

主人公属性が高かったので紹介しようと思います。

スポンサードリンク

イケメン吉田君

名前:吉田 輝星(よしだ こうせい)

 

もう主人公。

 

 

吉田君は小学3年生から野球を始めています。

 

中学でも軟式野球を続け、

秋田県大会でベスト4入りを果たしています。

 

吉田君の実力は強豪校も認めており、

様々な実力校からスカウトがあったと言われています。

 

 

主人公エピソード①

しかし、吉田君は強豪校のスカウトを蹴って、

父が卒業した金足農業に進学します。

 

父は金足農業で投手をしていましたが

甲子園に行けませんでした

 

吉田君は尊敬する父の為に同校でリベンジする決意をしたのです。

 

スカウトを蹴って地元を選ぶって・・・胸が熱くなる展開。

 

 

高校野球のメンバーが集結

中学軟式野球が終わると現・金足野球メンバーである

菊地彪吾・捕手

菅原天空・セカンド

佐々木大夢・外野手

高橋佑輔・ファースト

吉田輝星・ピッチャー

が秋田北シニアの硬式野球チームに揃います。

 

偶然にも菅原吉田の父は金農OB同級生

吉田君が「金農に行こうぜ」と言うのは必然だったそう。

 

4番の打川和輝も秋田では名の知れた選手だった。

吉田から「お前も来いよ」と誘われ、

5番の大友朝陽、9番の斎藤璃玖も吉田に誘われている。

 

金農野球部は言うなれば吉田から始まったチームだったのです。

 

 

主人公エピソード②

そして金足農業に進学し、野球部員に、

「地元の皆と野球がしたいから俺が甲子園に連れて行く」と宣言します。

 

地元愛と両親愛がだれよりも強い吉田君らしい決意表明です。

 

 

主人公エピソード③

高校の野球部員9人中6人は高校から硬式野球を始めた。

 

それで甲子園決勝、

いや、甲子園出場まで持っていける吉田君がヤバすぎです。

 

 

主人公エピソード④

部員ほぼ全員秋田県民

 

 

主人公エピソード⑤

応援はブラスバンドがいないので有志で結成

 

 

主人公エピソード⑥

農業高校なので作った野菜を地元民に安く販売。感謝される

 

ですよね。

 

公立で、しかも農業高校なのでそうなりますよね。

 

 

「この高校を甲子園に出れるようにしてください。3年あります。」

と言われて易々と出場できるほど甲子園は甘くないはずです。

 

そこには吉田君の誰にも負けない強い想いが

あったからではないでしょうか。

スポンサードリンク

吉田君の逸話

主人公エピソード⑦

2018甲子園の準々決勝、対近江戦。

前日の横浜戦中盤から左股関節痛で当日は起き上がれないほどに悪化してしまうが

試合前のアップ時には痛みも無くなり、監督に「行かせてください」と直訴

中泉監督は「お前の野球人生はここまでじゃないからよく考えろ」と伝えるも

「やりたいではなくやれます。できるところまでやらせてください。」

 

当日近江戦は最後まで投げることができ、

逆転サヨナラ勝ち。

 

その瞬間には秋田県中のあらゆる公式アカウントが壊れたという。

※ページ下部にまとめてあります。

 

主人公エピソード?吉田君のルーティーン

ルーティーンの由来は吉田と大友が移動バスの中などでリラックスするためにしていたゲーム。

「チンチン侍」というもので、「侍」と言われたら「シャキーン」と返し「オチンチン」なら「ビロ~ン」と返す。
僚友の大友は「秋田大会前から二人して試合でポーズをしています。

「びろーん」はグラウンドでやるのはふさわしくないので「シャキーン」のほうにしました。
これをやるとリラックスして試合に入れます。

 


大友選手は背番号8番。センターです。

 

よくみるとセンターに向かって

「シャキーン」しているように見えますね(笑)

 

グローブにも「シャキーン」(笑)

 

実際の漫画っぽい胸熱展開

主人公エピソード⑧

吉田くん「東北全体の期待を背負って絶対勝ちたいと思います」

 

このコメントを聞いて真っ先に思い浮かんだのはテニプリ跡部様のこのセリフ

 

「期待は誇りだ。 それを重圧に思う奴は器じゃねぇだけだ」

 

全ての期待を全て自分が背負っていくスタイル。

 

 

胸熱スギィ!

 

 

主人公エピソード⑨

展開がMAJOR(有名野球漫画漫画)

 

ここが一番アツい

 

MAJORの主人公の夢が「父のような凄いピッチャーになる」こと。

 

高校野球編では聖秀高校で数少ない部員を集めてお互いに切磋琢磨し、

目標である宿敵・最強豪の海堂高校と戦うために主人公はリーグを勝ち進み、

ついに最強・海堂高校と戦うことが実現する。

 

実はその後海堂高校から逆転サヨナラ負けするのだが、、、

 

そうならないことを祈るばかりです。。。

 

 

全国の期待を背負った金足農業

誰もが応援したくなる高校No1でしょう。

 

金足農業に吉田君がいるとはいえ、

地元県民で構成され、3年前は硬式ほぼ初心者集団が、

才能の塊集団・大阪桐蔭に挑む。

 

漫画の展開としては相当出来すぎ(笑)

 

打倒・ラスボス大阪桐蔭!

がんばれ!

 

 

 

最後に・・・

吉田君ハンパないって!!

 

おまけ―仕事していない公式アカウント

エフエム秋田

 

ABS秋田放送 広報

 

AAB秋田朝日放送

 

NHK秋田

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい