Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

下駄・草履を履いていて痛い!グッズいらずで部位別対処法

夏といえば花火。

花火といえば和装。

和装といえば下駄・草履。

 

出かける前に目立たない「絆創膏」を用意しておけば痛くなったところに貼れば対処できますが、

対策せずに履きなれていないものを履くと、普段擦れないところが擦れて痛いですよね。

 

まさに今、グッズとかアイテムとかそれどころではない

めちゃ痛くなっている方と、

 

「グッズとかアイテムに頼んねえ、わしぁ漢じゃい。生身で勝負じゃ!」という方向けの記事になっています。

どうぞ。

 

スポンサードリンク

親指と人差し指の間が痛い

 

ここに紐が当たって痛い場合は正しい履き方をしていない可能性があります。

 

 

下駄・草履の紐が出ている部分(矢印部分)には目一杯足を入れません。

1cmほど空間を空け、余裕を持たせて履きましょう。

 

スポンサードリンク

人差し指が痛い

 

下駄に対して真っ直ぐ履いて人差し指が当たるようであれば、

斜めに足を入れて履きましょう。

 

結構当たっちゃう人多いみたいです。

 

足の外側(内側)が痛い

 

花緒(鼻緒)を捻って正しく履きましょう。

 

花緒

 

花緒は表裏があり、素材が違います

裏側は肌ざわりが良く皮膚を傷めにくいので、もしかしたら粗い表面が皮膚に当たっているかもしれません。

 

 

の部分を捻って回転させ、裏面を皮膚に当たるように調整しましょう。

 

足の甲が痛い

 

花緒を巻き込んで表の面が皮膚に接触している可能性があります。

 

 

なるべく巻き込みを直して裏面が皮膚に当たるように履きましょう。

花緒を捻って直してあげると良いです。

 

下駄の正しい履き方

意外と下駄を正しく履けていないとお気付きだと思います。

 

グッズとかアイテムとかに頼りたくないという方は是非正しい履き方で夏のイベントを盛り上げていきましょう^^

スポンサードリンク

あわせて読みたい